劣等生マスターだけどスウェーデンで論文書く

2017年1月〜2018年1月(予定)スウェーデン、ウプサラでの交換留学の日々です!留学初心者の私が、1年間で修論書くまでの記録。

人の役に立ちたい…

 

留学して、人生で初めて?

誰かの役に立ちたいって気持ちになってます。

 

 

 

 

 

留学生活の孤独に

最近、耐えられなくなってきました。

自分のためだけに毎日時間を使うって

想像以上に難しいことですね。

 

人との関係が薄くて

毎日、自分のためだけに時間があって

それをどう使おうと完全に自分次第で、

だらけても、だらけなくても、誰にも関係なくて

 

ものすごく贅沢な時間の使い方をしてるのが

最初は充実してると感じたけど、最近はもう、

自分を管理しきれてないことに疲れ果ててて

せめて何かしら人の役には立ってたいけど、

それもまた全然できてなくて。

わたしっていったいここで何してるの?!

という状態です😇😇😇

 

 

学校行っても、授業以外で話せる友達ほぼいないし😭

(というか私にとっては授業で話せるだけでも奇跡)

(こんな英語できない私と話してくれる人に感謝)

一人で家にこもるよりはと思って、図書館で勉強してみたり

図書館に飽きたら、オシャレなカフェで読書してみたり

それでも、結局は一人で。

 

いつもご飯とか映画とか誘ってくれる同じ寮のグループもあるけど

なんか、ずっと一緒にはいられなくて

もともと広く浅くの人間関係が得意じゃないからか

出会ったばっかりの言葉の上手く通じない相手と一緒にいると

ああ、部屋戻って一人になりたいって思っちゃって(笑)

(国際交流に向いてなさすぎる性格😭)

 

 

 

 

 

 

 

 

日本では、学校行けば信頼できる友達とか後輩が居て、

交友関係は広い方じゃないけど

小さい悩みとか言い合ってストレス発散できる相手がいたなあ。

 

バイトは、いろんなのやってきたけど

仕事をしてお金を受け取る過程で、ストレスもありつつ、

一緒に働く人とか、お客さんとか

いろんな大人たちから刺激を受けることが一番のやりがいだったな。

 

一人暮らしは寂しいというよりは

自由が多くて気楽で満喫してた。

週に何日か彼氏が来てくれて

一緒にビール飲みながらご飯食べるのが何よりの幸せだったし。

 

 

なんか、いま、そういう生活がものすごく恋しい😭😭😭😭

今のわたしは、ほんとに、誰にも、何も貢献していないです。

ただただ親切な人の好意に甘えるだけで、

何か返さなきゃなーと思っても

行動に移す自信も無くて、気力も無くて

ほんとに、与えられてるだけの生活😭

こんな経験、もの心ついて初じゃない?!って思います。

日本で、わたしはそれなりに多くの人と関わってたし、

それをできる最低限の力があったんだなあと思います。

学生だったけど、ちゃんと社会の一員でした。

 

何千キロだか離れた外国で生活してるのに

日本にいた時より自分の世界はむしろ狭まってるような気さえします。

 

 

 

 

ただ、今のこの状況、とても辛いけれども、

この試練を乗り越えなければいけないし、

自分のためだけに頑張れる時間があるのは、

自立心を育てるには、最高の環境だとも思ってます。

 

だらけても他人に迷惑をかけない状況で

それでもだらけないで自分を律する人間になりたいです。

 

勉強をするためには完璧な環境が揃ってるので

そこで自分がどこまで努力できるのか試せるチャンスでもあります。

 

ほんと、劣等生だけど、頑張るしかない😭

日本で当たり前にできてたことを同じようにできると期待せずに、

日本であったプライドは一旦保留にして。

人の役に立ちたい気持ちは

とりあえず寮の役割分担された仕事をしっかりこなすところから始めます。

寮の友達付き合いも、億劫に思ってもできるだけ参加します。

 

頑張るしかないですね、、、、

ここに書くことでかなり気持ちが整理されるので

自己満だけどこれからも続けます。