読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

劣等生マスターだけどスウェーデンで論文書く

2017年1月〜2018年1月(予定)スウェーデン、ウプサラでの交換留学の日々です!留学初心者の私が、1年間で修論書くまでの記録。

弱者への優しさ

 

先生と相談して、今回の授業は

単位取るのを諦めることを決めてきました…😭

その代わり、前の授業の再テストのちゃんと勉強をしたいと。

先生の反応は、、、

 

めっちゃ優しい

 

挑戦せずに諦めるって欧米ではけっこうよく思われない事だと思うんですが

留学生の苦悩を察してくれたのか、

今後もあなたのペースで頑張りなさいと

最終的にはあたたかい言葉を貰いました。

 

欧米人って、こういうときすごく優しい。

 

内心どう思ってるかはわからないけど

弱者に優しい文化がある気がします。

キリスト教だから?

わかんないけど(笑)

 

 

みんな、弱者であるわたしみたいなのに対して

優しく接してくれます。

 

スウェーデン人はよく人見知りな国民性があるっていうけど

店員さんとか、街行く人々はやっぱフレンドリーだと思う!

友達関係とかになると、確かに他の欧米人より陽気さが無いけど。

 

 

渡航してすぐの頃、いろんな手続きを自分でこなさなきゃなくて

かなりあたふたしてたんですけど

銀行、郵便屋、不動産屋、スーパー

どこいっても最後は

(利用してくれて)Thank you じゃなく、

(大変そうだね) Good luck って言われてました。

そういうの、情けない気持ちもありつつ

なんか嬉しかったなって思います。

みんなが自分を応援してくれてるって気になりました。

 

日本にいたときは、

弱者を蔑んだり、仲間はずれにしたり

そういう風潮が少なからずあった気がします

 

外国人を差別したり、

性的マイノリティへの当たりが厳しかったり

ベビーカーが満員電車乗ったら迷惑とか

ゆーて女は男より稼げないとか

 

スウェーデンに来て、ほんとにそういうの時代遅れなんだなって感じます。

もちろんどこの国でも差別とかいじめはあるだろうけど

弱者への理解がない事の方が恥ずかしいって認識は

スウェーデンの方が日本より進んでると思いました。

(日本とスウェーデンの比較しかわたしにはできないですが)

 

 

スウェーデンは移民だらけなのでいろんな人種のスウェーデン人がいて

 

別にゲイのためのクラブじゃなくてもゲイカップルが聴衆の前で踊ったり歌ったりしてるし

 

バスも電車もベビーカーのためにスペースが確保されてるし

 

 

日本って、弱者に寛容じゃないのかなと思い知らされる事が

スウェーデンにいると多々あります。

 

初めて海外で暮らしてみて価値観が大きく変わったかと言われると

そうでもありませんが

日本が時代遅れな部分がけっこうあること、

初めて身をもって気づいた気がします。

 

日本は世界でも充分先進国ですごい国だと思ってたのが

なんか全然遅れてるんだなと思い知らされました。