劣等生マスターだけどスウェーデンで論文書く

2017年1月〜2018年1月(予定)スウェーデン、ウプサラでの交換留学の日々です!留学初心者の私が、1年間で修論書くまでの記録。

最低限をこなす

 

結局、前の記事で話したプレゼンの授業の単位取得諦めました…

 

 

 

 

 

留学中の授業の話をしようと思います。

 

わたしは1年の留学中、最初の半年で他の学生と一緒に授業をとって

残りの半年で論文コースをとるんですが

 

できれば最初から論文コースを取りたかったんですよね。

 

交換留学なので、日本の大学と単位互換できる制度はあるんですが

日本の大学で卒業に必要な単位は、修論を残して取り終わってます。

なので留学先では最初から論文コース取りたかったんですが

こっちで論文をコース取るための単位が授業2つ分足りなかったのです😱

 

ややこしいですが、つまり

日本の大学よりスウェーデンの大学の方が

卒業までに取らなきゃない単位数が多くて

わたしは留学前の時点で日本の要件は取り終わってたけど

スウェーデンの大学の論文コースが求めてる単位数には足りてませんでした。

 

なので、半年で必要な残りの単位とって、半年で論文を書くという計画になりました。

 

ヨーロッパと日本だと講義の形態も期間も何もかも違うので

単位の制度ももちろん違います。

ヨーロッパは共通でECTSっていう単位が使われてます。

 

スウェーデンは基本、日本で言う集中講義形式で

1つのセメスターが4ピリオドに区切られています。

1ピリオドはだいたい1ヶ月半くらいで、その間、同じ授業を毎日受けます。

1日の時間数は、結構その授業によるみたいですが

わたしが取ってる授業だと2〜3時間。

それを毎日繰り返して、期末テストを受けて、また次のピリオドの授業が始まるという感じ。

その期間は1つの授業に集中できるっていうのがいいですよねー。

テストも日本みたいに、期末にまとめて何個もってならないし。

しかも1つの授業で7.5単位来ます。

 

日本の大学は、修士課程だと1週間で3〜4つくらいの授業を取ってたと思います。

1つの授業は90分。少人数の授業がほとんどで結構ディスカッションとか重視だったけど

日本語なのでまあ問題なくクリアできました。

そして1つの授業で1単位か2単位もらえます。

 

こうやって見ると、日本でとってた単位が留学先の必要要件を満たしてるかって、

単純に比較できないです。

 

 

そこで考えなきゃないのが、ECTS(ヨーロッパで共通の単位制度)

日本の1単位がECTSに換算するとどれくらいなのか問題があります。

 

 

わたしは日本の大学にいろいろ問い合わせて、

日本の1単位=1.5ECTS ってことで提出しました。

(学修時間数を根拠に換算します)

国立大ですら統一の指標があるのかないのか、曖昧でびびります。

授業数は全然とってるのに、単位が足りないってなんか腑に落ちない。

しょうがないけど。
政府がこれからもっと留学を活発にしようとしてますが
その辺の制度、本当に整備してほしいです。

 

 

 

そういうわけで、わたしは留学中、前半の半年で4つ授業を取るうち

少なくとも2つ分の単位を取得しなければ論文コースが取れない状況です。

 

そして現状はというと、4つのうち2つ終わり3つ目の授業を受けてるこの時点で

1つも単位取れてません😭

やばいです。冷静に。

ただ、救いなのは、スウェーデンの大学は再々テストまであること。

追試で受かればセーフです。

 

 

最初は、4つ中2つ合格すればいいとは言え

授業受けるからには全部合格したいと思ってました。

普通に努力すれば合格できるっしょ!て感じでした。

 

しかし今はそんな余裕ありません。

テスト落ちまくってます。

 

周りの人たちと一緒に1つずつクリアして単位を取っていくっていうのが、

無理なんだと思い知らされてます。

 

なので前の記事で書いた環境政策のプレゼンの授業は諦めて

その前の授業の再テストのために勉強しようと決めました。

プレゼンは今の自分にはあまりにもハードルが高いし

授業の内容もほぼ理解してませんし。

気持ちだけじゃ乗り越えられない、技術的な問題だと思いました。

プレゼンは、また次の機会に挑戦したいです。

 

挑戦しないこと、かっこ悪いと思うんですが、

誰にも迷惑をかけないからこそ、マイペースに考えます。

4つ中2つ取れれば良いわけで

今の自分に大事なのは前回の授業の再テストを合格することです。

もう、今は気持ちを切り替えました。

 

ストイックになりすぎるせいで気持ちに波ができて結局精神崩壊するより

地味でも自分の決めた最低限のことをこなして行きたいです。

ストイックになれない自分を正当化してるようでさらにかっこ悪いけど

その考えが今は一番大事です。

 

留学生活は毎日が非日常で刺激的で、

勉強も、英語も、友達付き合いも、旅行も、

日本ではできない、挑戦するべきことがそこらじゅうにある気がして

今まで自分はそれらを取りこぼしてるんじゃないかと

ずっと不安だし必死だったんだけど、

最近は少し考え方が変わりました。

できる範囲のことをまずは誠実に取り組みます。 

ある意味、非日常の外国での生活が、日常になってきたんだと思います。

 

f:id:mitsu12masa:20170419183308j:image

 

最近は、21時頃日が沈みます。

北にいるんだな〜と実感する瞬間です。