劣等生マスターだけどスウェーデンで論文書く

2017年1月〜2018年1月(予定)スウェーデン、ウプサラでの交換留学の日々です!留学初心者の私が、1年間で修論書くまでの記録。

逃げ出したい

 

今受けてる授業、環境政策の授業なんですが

評価が筆記テストとpaper presentation

 

プレゼンが、ほんっとに無理で

 

先週一人一人に配られた論文。

それを読んで来週発表ですが、とにかく時間がない

英語力に問題ない人でも、その短期間では

かなり集中して準備してやっと乗り越えられるレベルかなと

 

正直、今回は諦めようと思ってます。

プレゼンするのも、単位取るのも。

今日、先生に相談に行きました。

 

英語がみんなと同じレベルじゃないこと

この授業に限っては日本でもあんまり勉強してなくて、いきなり大学院レベルだときつかったこと

授業中のグループディスカッションに全然ついていけてないこと

結論、今回単位取るには自分の能力が及ばなすぎるので諦めたいこと。

 

先生は、わたしの置かれた状況をすごく理解してくれました。

その上で

 

これは語学の授業じゃないから英語力は関係ないよ

挑戦してみて失敗しても何も失わないでしょ?

誰でも、困難なことに挑戦するときはナーバスになるもの。

でも死ぬわけじゃないし

挑戦してほしいな!

 

という感じでした。

 

たしかに、わたしのプレゼンがどうしようもなくても

何も失うものは無いわ。

恥ずかしいだけ。

誰に迷惑をかけるでもなく、ただわたしが恥ずかしいだけ。

 

うう〜😭

 

もちろん、これ読んだ人はほぼ全員

「いや、そこは頑張れよ」と思うでしょう😭

せっかく留学に来てるのに

日本じゃできないような貴重な経験なのに

 

わかってても、勇気が無いです。

逃げ出そうと思えば、逃げ出せるし。 

 

小学生レベルの英語力で論文を説明するのです。

ただ人前に出て難しいことを喋るだけじゃなく、

準備段階でハイレベルなことが要求されるわけです。

 

中学生が子供産むみたいな。

新入社員がいきなり営業成績トップになるみたいな。

いけてないアニメ同好会の女子がバスケ部のエースと付き合うみたいな。

そんくらいのことです。わたしにとって。

 

ただ、先生に相談して、諦めたかった気持ちが揺らぎました。

誰もわたしに期待してない

失敗しても誰にも迷惑をかけない

そういう状況って、社会に出たらないだろうから。

 

 

とりあえず、今日家に帰ってもう一回考えてきてと言われたので

明日まで考えます😭

 

「迷ったら困難を選べ」という高校の担任がくれた言葉を思い出しました。

思えば、迷ったら楽な方ばかり選んできた人生です。

 

😭😭😭